自分が撮ってきた写真の紹介や音楽レビューを中心に、ブログを書き綴っています。少しでも、何かを感じて頂ければ嬉しいです。


by shuji007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Kodak EasyShare V570

a0025408_21445640.jpgコダック社のデュアルレンズ搭載の2つ目デジタルカメラ「Kodak EasyShare V570」が先月発売された。昨今のデジカメ業界のなかでは異色を放っていてとても面白いデジカメである。

通常のコンパクトデジカメと同等の基本性能を得るためのレンズにより、他のカメラに出来ることはすべて撮影可能である。光学ズームもちゃんと搭載してある。

さらに、このカメラの最大の特徴である超広角を実現するためのレンズ(23mm)を装備していることにより、飲み会などで今まで顔半分しか写らなく嘆いていた人も、顔半分すらも写らなくて存在をすっかり忘れられて泣き崩れていた人も一緒に写れる。これでみんなはっぴぃになれるw

実はこの超広角レンズの搭載により、一昔前に流行っていたパノラマ写真が最大180度で撮れる。3枚取りで実現する。これにより、存在が忘れられていた人と全く無関係な人も一緒に写れてみんなはっぴぃ……。というかこのパノラマ機能の最大のメリットは、観光地で絶大な威力として発揮されると思う。観光地にある建物とかは意外と横に長いので、超広角のパノラマがとても生きてくる。ただし、3枚をあわせて一枚にしているので当然露出などの撮影条件は微妙にことなるため、場所によっては明るさがことなる写真が出来る可能性は十分あるので、その点は気になるところではある。もう一つ気になる点がある。23mの超広角なレンズのため画像が歪んでしまう点がある。これについては補正機能が付いているので気になるのであれば補正機能を利用して撮影するってとこかな。(次の写真はコダック社のサンプルより)
a0025408_21475074.jpg
実売40000円前後で現在取引されている。オリンピックモデルもあり、これは限定数もあり50000円くらい。購入者の情報によると、製品に指紋がついているものがあるみたい。その場合ふいても取れないのなら交換などしてもらう必要がある。いまどき珍しい話ではあるが……。

超広角と180度パノラマという機能をもつV570、これこそ旅カメラかなぁって感じだ。

追記>

公式サイトに光学5倍ズームと記載されているが、これには注意が必要である。ウルトラワイドの固定焦点レンズが23mmで光学ズームレンズのほうが39mm~117mmになり、23mm~117mmで5倍という説明である。しかし23mm~39mmはもちろんない。だからこのカメラで広角の威力を発揮するのは23mmのウルトラワイドだけなので、超広角だからといって手を出すと失敗することになる。もし、広角を中心に楽しみたいのなら、このカメラはお勧めできない。これはどちらかというと固定的な風景をとることに適しているカメラであって、距離が頻繁に変わる場面にはむしろ普通のデジカメより劣る部分が多い。あくまで趣味の領域にしている人とか変わったものが好きな人向けであって、個人的にはデジカメをはじめる人などには勧めることはしない。普通に広角を楽しみたいのなら、リコーのカプリオや最近ではLUMIXなどをお勧めする。

【参考】
Kodak EasyShare V570デュアルレンズデジタルカメラ
[PR]
by shuji007 | 2006-03-11 21:48 | REVIEW(カメラ)