自分が撮ってきた写真の紹介や音楽レビューを中心に、ブログを書き綴っています。少しでも、何かを感じて頂ければ嬉しいです。


by shuji007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

EXILIM ZOOM EX-Z1000

【2006年5月6日記載】

a0025408_15543371.jpgコンパクトカメラで初の10Mピクセルを越えた,カシオの技術力の高めを証明するデジカメである。発売は5月下旬で,実売は5万円程度。

35mm判換算で焦点距離38~114mm相当なので,話題の広角路線ではない。ZOOMの位置付けなので仕方ないにしても,せめて35mmに押さえてほしかった。

このカメラの一番すごいところは,もちろん10M(1000万)を越えた画素数である。それも1/1.8型を採用している(コンパクト機で素子が大きいとコンパクト化が難しいくなるので,コンパクト機には1/2.5型が多い)。原寸大のサンプル画像を見ると,しっかり写っていた。コンパクト機としては及第点である。

去年からの流行である高感度機能に対応していて,驚異のISO3200まで感度を上げることが可能である。高感度時の画質は,かなり劣化が激しいので,10Mという巨大な画素数で大きくとって,サイズダウンすれば十分画質を保つことが出来るだろう。ただし,高感度はまぁまぁ対応しているといった感じなので、過度に期待すると痛い目にあうだろう。

液晶も拘っているみたいである。大画面の2.8型ワイド液晶で,クリアに見える「ストライプ配列液晶」で,輝度が1200cd/m2である。実機の液晶をまだ見てないけど,お店の光り輝いているところに,カシオのカメラがあるはずだ(笑)

ズームは,光学やデジタルズームだけでなく,画素数を落としてズーム率を上げる方法も採用されている。これは超高画素の利点ってところ。他の主な特徴に手ぶれ対策や長時間電池寿命があるが,もう当たり前のようになっているのが凄い。また,ベストショット機能の種類がいっぱいあるので,一般ユーザにとっては便利かなw

個人的には,あの飛び出したストラップをつける部分が妙に気になるが,コンパクト機で10M超のサイズの写真を撮りたいユーザには申し分ない性能を備えたカメラである。

【2006年6月3日記載】

一般ユーザにとって、1000万画素は、そんなにメリットがないようで、思ったより価格が安く、35,000円前後が勝負ライン。実際、1000万画素はメモリを食うだけで、プリントアウトで原寸大で出すこともない。実用上、600万画素や800万画素と比べても、大して変わらない。メリットは大きく撮り、サイズダウンによる綺麗な画像を手に入れるってことだね。3万切ったら買ってもいいなw
[PR]
by shuji007 | 2006-06-03 14:06 | REVIEW(カメラ)