自分が撮ってきた写真の紹介や音楽レビューを中心に、ブログを書き綴っています。少しでも、何かを感じて頂ければ嬉しいです。


by shuji007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:REVIEW( 4 )

a0025408_0114463.jpg
miniと比べると、写真からでは分かりにくいが、重さと厚さがかなり違っていて、ショックを受けた。2年間の技術の差ということか…。デザインもminiと似ていて愛着がわくし、おまけに液晶はカラーである。ただ、8Gはブラックモデルしかないのが、残念なところではある。

そのほか、気になった点は次のとおりである。

■8Gモデルで、実際に使用できるサイズは7.45Gである。意外と、システム側にとられていることに驚く。
■付属のイヤホンが、新しくなった。以前のイヤホン(iPod mini)は、音質が酷過ぎて、iPodが壊れてるのかと思ったくらいだったが、まともになったような気がする。まぁ、それでも、玄人には、別途、イヤホンの購入をお勧めする。
■曲間の無音がなくなった。今まで、対応してなかったのが不思議だった。
■24時間もバッテリーが持つようになったらしい。
■イヤホンの接続部分が下部である。iPod nanoの特徴である。miniは上部にある。

URL:Apple - iPod nano
[PR]
by shuji007 | 2006-09-24 16:59 | REVIEW

DELL 2407WFP HAS

「iPod mini」と大きさの比較をしてみたけど、真正面から製品写真みたいに撮ったので、写真からのインパクトが、思ったより伝わってこないかな。でも、実物はかなり大きくて、横幅が60cm近くある。
a0025408_13355331.jpg
LaVieの画像が「1024×768(XGA)」。この液晶は、「1920×1200(WUXGA)」。主流になっている19インチは、「1280×1024(SXGA)」。
a0025408_14142922.jpg
デジタルチューナ用の端子やカードスロットが装備されているので、とても便利。ちなみに、1枚目は、バックライトがついている状態で撮影したため、周囲が暗く写っている。2枚目の写真は、流行の高感度ISO800(笑)。ともにフラッシュは使用していない。使うと、お月様を見ることが出来る。

追記>
あくまでもPC用のディスプレイなので、大画面TV目的で買うのはお控え頂きたい。
[PR]
by shuji007 | 2006-06-10 14:22 | REVIEW

Nikon D200

a0025408_5482089.jpg
ハイアマチュア向けらしいがプロが使っても仕事に支障がないというかそういうレベルじゃなくて、贅沢なレベルの性能だと言っていい「ニコンD200」が12月に発売される。実売[レンズなし] は20万円前後。

1,020万画素CCD(APS-Cサイズ)で解像度を維持しながらモアレや赤かぶりを抑えた新開発のローパスフィルターらしい。サンプル見るとわかるが、原寸大であの画質なのがまぢですげぇw

起動時間0.15秒なので、もう起動にイライラすることはないかな。 いつの間にか液晶が2.5型になってるしぃ。まぁ一眼の場合は見ながら撮影できんからどうでもいいけど。 大容量のバッテリーで1,800枚撮影可能らしい。実に恐ろしい。。。

このレベルの性能で20万前後は恐ろしく安い。一昔前だと車といい勝負だったのだが。。。 希望を言えば、そろそろコンパクトフラッシュやマイクロドライブだけじゃなくてSDなんかも使えるスロットにしてほしいかなw

[参考資料]
PRESS RELEASE/報道資料
Nikon Imaging | D200

[This article is printed in mixi.]
[PR]
by shuji007 | 2005-11-04 22:37 | REVIEW

手振れ補正の次へ

最近のコンパクトデジタルカメラといえば、どこも手振れ補正をうたっている。しかし、手振れ補正があっても、撮りたいものをちゃんと撮れていたかどうか・・・。

例えば室内で写真を撮るとき当たり前のようにフラッシュを使う。蛍光灯の明かりで十分あかるいと思う室内でも。そして、撮った写真はフラッシュのおかげで実際に見た風景と違う風景が写る。

FinePix F10

その問題に対して解決を試みた、FUJIFILMが今月発売した、コンパクトデジタルカメラの新時代を切り開く春一押しモデルだ。このカメラの特徴は、コンパクトカメラなのにISO1600まで感度を上げられるのが最大の特徴で、室内でもフラッシュを使わないで撮ることが可能なのだ。普通はフラッシュを使わないとブレてしまうときも。(もちろん、室内が暗すぎるとダメですけど。)

コンパクトデジカメは、高画素から手振れ補正、そして今年は高感度へとデジカメ業界の流れは移っていきそうだ。

このFinePix F10は写りの面に関しては興味深いのだが、ただ今時あり得ない大きなコネクタの存在が残念なところだ。
[PR]
by shuji007 | 2005-03-19 19:40 | REVIEW