自分が撮ってきた写真の紹介や音楽レビューを中心に、ブログを書き綴っています。少しでも、何かを感じて頂ければ嬉しいです。


by shuji007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レミオロメン - HORIZON

a0025408_23281549.jpgシングル「蒼の世界」、「粉雪」、「太陽の下」を含むレミオロメンの待望の3rdアルバムである。

01. スタンドバイミー
タイトルだけだと、ビートルズのスタンドバイミー(ベン・E・キング)を思い出してしまう。こちらは、駆け抜けていくスタンドバイミー。飛び出してみよう、まだ踏み出したことの無いワクワクする新しい世界へ。風の始まりの音を聞かないかい。auのCM曲。

02. 1-2 Love Forever
1,2に愛よ永遠に、3,4は音楽よ。会話でたまに聞く番付フレーズを組み込んでいて面白い。愛の歌で世界は一つになる。

03. プログラム
まさか、歌詞に「センター試験」なんて…。プログラムされた教育を歌っているかなり不思議な歌。プログラムに縛られて、大切なものを僕らは失っているんだ。失っていることにすら気がつかない。センター試験が人生の答えではない。そもそも、人生に正解はない。

04. 蒼の世界
雨上がりに虹を見ていない。 蒼の世界を聞いてると、ふと虹がみたくなった。 いつものレミオロメンの曲。新曲だけど懐かしく、心地いい。予断だが、シャワーと差し込む光で作った、小さな虹を自分の手に掴みとろうとしたとき、何かワクワクした。

05. シフト
オアシスより砂漠を選ぶ。楽な道を選んだら、そのときは楽しいけれど成長がない。再び目の前に壁が立ちはだかろうとも怖くない。オアシスより砂漠を選んできたから。

06. 傘クラゲ
梅雨の季節には傘の花が咲く。よく見ると花でなくて、僕らは、ゆらゆらゆれて漂っているクラゲ。この場合の「僕ら」は、彼氏彼女の関係。君の右手と僕の左手が触れ合ったとき魔法にかかる。

07. 太陽の下
映画「子ぎつねヘレン」の主題歌「太陽の下」。 歌の印象は、「太陽の光に勇気をもらって素直に行きたい。あなたに逢いたいから。」そんな感じ。意外と直球な愛の歌で驚きだった。映画のテーマにあってるかどうか微妙だけど、いい歌詞にいいメロディw

08. MONSTER
関係があるか分からないけど、浦沢直樹氏のMONSTERを思い出した。秘めた熱い思いをMONSTERに例えている。思いが複雑に絡む。

09. 明日に架かる橋
炭酸のアクエリアスCM曲。わざと音程を外しているのかと思わせるメロディーライン。そして、「笑っちゃいな」とか「おバカもOK」などの歌詞がレミオロらしくない異色作。個人的には、本アルバムで一番のお気に入り。君だけの色に染まっちゃいな!

10. 紙ふぶき
夢を型抜き冬を越してゆくよ。あぁぁ、絶妙なフレーズw
夢、紙ふぶき、冬が一つの詞に収まってるのが摩訶不思議。

11. 粉雪
フジテレビ系列連続ドラマ『1リットルの涙」挿入歌である粉雪はドラマで絶妙に調和して涙流さずにはいられない。サビの歌詞がほんとに泣ける。。。 TVで、今年は大雪で粉雪どころでないと茶化している人がいたが、アーティストの本気をネタにするのは論外。

12. 流星
味のないスピード。もう二度と逢えない大切なときを過ごし、少年は大人になっていく。薄れゆく記憶を頼りに、笑顔とともに。
[PR]
by shuji007 | 2006-05-28 11:45 | REVIEW(音楽)

ブロ電

【2006年4月29日】
出発進行(笑)

ブロ電™切符


【同年5月28日】
切符再発行(≧V≦)ノ

ブロ電™切符

乗車している時間の数分前に乗車時間が表示されるらしい
[PR]
by shuji007 | 2006-05-28 11:44 | 俺メモ

富士フイルム FinePix F30

【2006年3月5日記載】

a0025408_1241185.jpg国内未発表の「FinePix F30」は「ISO3200」対応という去年ヒットしたF10、F11の高感度路線の後継機である。

将来的には、人が見たものと同じような映像を写真に収めることを目指しているというところか。今までのカメラは人の目視では暗いと思わない部屋でもフラッシュがないとブレてたりしたわけだが、高感度になりそういう失敗写真を撮る機会も減った。

ただし、その分だけノイズとの戦いがあるわけで、開発側では相当苦労しているんだろうなぁと思う。デジタル一眼でもISO800レベル以上になるとやはりノイズが気になる。ましてやコンパクトカメラでISO3200に対応させるのはとても開発に苦労したのではないかと思う。まだ実際の写真を見てないから正確なことは言えないが、見れるレベルまでの写真になってるんでしょうw

個人的な意見だが、もうそろそろSDを採用したらいいのではと思う。xDに拘る時期はもう過ぎたのではないか、メモリをどれにするかはカメラの本質からずれることだから。

米国で五月発売らしいので、その際にまたレビューしたい。日本市場への投入はそれ以降か。

追記>
日本でも5月発売のようなので後日レビューしたい。サンプル画像みないと正直なんともいえない。まぁうまくとれた無難な写真しか出してこないと思うけど。

【2006年5月27日記載】

購入者の撮影画像をいろいろみさせてもらった感想なんですが…、やっぱり高感度で原寸大はキツイ…。油絵みたいだった…。ノイズリダクションやりすぎだけど、サイズダウンして使用すると、実用上問題なくいけるかなぁっという印象です。既存のコンパクトデジタルカメラと比べると、特筆すべき点です。ただ、カメラファンにはショックのほうが大きい。高感度は、まだまだ一眼の領域だなぁと思いました。

まとめ>
対象:一般ユーザ(拘り派を除く)。
価格:実売4万円前後。←4万切ってるお店もちらほら、5万で買った人は反省。
使用想定:6メガで大きく撮ってお店プリントで使用する。
メモリ:xDピクチャーカード(FujiのMは避けるほうが無難)
注意点:高感度の原寸大。ISO400くらいから既に厳しい。
お得:F30のおかげで、名機F11が3万切ってるわけよ。
希望:F31で、塗り絵じゃない画像。SDカードも使用可。おまけに広角だったら文句なし。

追記>
クロームとスタンダードをうまく使い分けることで、塗り絵みたいなことがなくなるみたい。コンパクト機にしては、高感度の写りが良いってコメントしている人がいたけど、条件付で良いっていうのは、ダメって言っているようなものだ。ダントツってCMしているくらいだから、無条件で良いカメラでありたい。ダントツではなく、トップクラスが正解。

【参考】
・FinPix F30 製品紹介(公式)
・【インタビュー】ISO3200を超える高感度にも挑戦したい
[PR]
by shuji007 | 2006-05-27 23:03 | REVIEW(カメラ)

カラー

カメラのアングルがここしかなかった…。ワイシャツのカラーが名前の由来です。
a0025408_23164295.jpg
実は、サトイモ科。食べれる?
[PR]
by shuji007 | 2006-05-26 23:17 | 写日記

ノースポール

たぶん、菊科のノースポール
a0025408_23111167.jpg
名前の通り日本原産ではないです。アフリカらしいw
[PR]
by shuji007 | 2006-05-26 23:12 | 写日記

二つ星天道虫

漢字で書くと偉そうな感じがする。写真撮ってたら飛んできた天道虫の二つ星。
a0025408_219224.jpg
生命線が意外と長い
[PR]
by shuji007 | 2006-05-21 21:09 | 写日記

花の蜜蜂

体中に花粉をいっぱい付けながら、蜂蜜をせっせと集める蜜蜂。
a0025408_144780.jpg
花粉が別の場所の花に運ばれて受粉。うまく出来ている自然を感じる。
[PR]
by shuji007 | 2006-05-20 01:09 | 写日記

つつじの紅白

珍しい紅白なつつじ
a0025408_11525763.jpg
嫌な臭いを出す虫もそろそろな季節

「つつじ科さつき」かなっと思ったり思わなかったり…、花って奥が深いw
[PR]
by shuji007 | 2006-05-14 11:54 | 写日記

つつじの赤

赤色のつつじ
a0025408_9284990.jpg
蜜蜂は忙しそうだった
[PR]
by shuji007 | 2006-05-13 09:30 | 写日記

つつじ

どこに行っても、これでもかっていうくらい咲いていた
a0025408_22212345.jpg
「躑躅」でつつじ。どうやったら、この漢字の形に行き着くかを考えるのも、いとおかしw
[PR]
by shuji007 | 2006-05-10 22:25 | 写日記